営業職特化型
人材紹介エイプエージェント

採用担当者の方はこちら

hape Agent[ 登録フォーム ]

キャリア形成

2022-10-12

未経験から営業への転職は厳しい?必要なスキルや業界選びのポイントを解説。

初めて営業職に挑戦するとなると、「未経験だと選考で落とされやすそう」「内定をもらえるのだろうか?」と不安に思う方も多いでしょう。しかし営業職は、少しの工夫とスキルがあれば未経験でも転職しやすい職種です。本記事では、未経験でも挑戦しやすい理由や選考を突破するための方法を解説していきます。

第1章「営業職が未経験でもチャレンジしやすい理由」

営業職は、スキルや経験よりも“人柄”が重視されやすい。

転職サイトなどを見ていただくと分かるように、営業職は未経験者を歓迎する求人がかなり多い職種。実際に転職成功している方も多くいらっしゃいます。では、なぜ営業職は未経験でもチャレンジしやすいのでしょうか。その理由をまとめてみました。

【理由1】営業職は、スキルや知識を習得しやすいから。

営業職の主な仕事は、お客様へ商品・サービスの提案を行うこと。つまり商材知識と提案スキルさえ身につければ、基本的な業務は進めることができます。入社後の研修次第で活躍できるようになるため、未経験でも採用されやすい傾向があります。

【理由2】ポテンシャルが活きやすい仕事だから。

営業職で大切な要素のひとつが「関係構築力」。お客様との距離を縮めたり、相談しやすい雰囲気を作ったりすることが得意な方だと成果も上げやすくなります。この関係構築力は、その人の人柄や雰囲気によるところも大きいもの。そのため、経験以上に「面接での第一印象」や「仕事への意欲・態度」などが評価されることも多いのです。

第2章「最低限持っておくべきスキルや能力」

コミュニケーション能力とPCスキルは、ほとんどの企業で求められる。

未経験からでも挑戦可能な営業職ですが、最低限持っておくべきスキルや能力があるのも事実です。特にどの企業でも求められやすいのが「コミュニケーション能力」と「PCスキル」。具体的にどのようなことが、どれくらいのレベルで求められるのか以下で解説していきます。

▼コミュニケーション能力

お客様と直接やり取りする仕事ですので、コミュニケーション能力は必ずと言っていいほど求められるでしょう。特に面接での判断基準となりやすいのが「会話のキャッチボールができるか」「感じのいい受け答えができるか」「筋道を立てて話ができるか」という3点。面接担当者の質問に対し、落ち着いて的確に答えられるかどうかが見られます。

コミュニケーション能力を評価してもらうために必要なのが、徹底した事前準備。普段どんなに話し上手な人でも、ぶっつけ本番で挑んでしまうと何を話せばいいか分からなくなったり、見当違いの答えを言ってしまったりするものです。逆にしっかり対策をしておくと、トークスキルに自信がない方でも高評価を得ることができますよ。

▼PCスキル

PCスキルも営業職に無くてはならないもの。「社会人であれば持っていて当たり前」と考える企業も多いため、PC操作に慣れていない方は事前に練習しておくことをおすすめします。

とはいえ、高度な技術が求められるケースは少なめ。「ビジネスメールが送れる」「Word・Excel・PowerPointの基本操作ができる」程度のレベルであれば、十分活躍可能です。

第3章「未経験からの転職が難しい業界」

経験者が優遇されやすい業界もあるため、慎重に。

営業未経験での転職は可能だとお伝えしてきましたが、業界によっては転職が難しい場合もあります。それは、高度な専門性が必要な業界や倍率が高い業界。具体的にどのような業界が挙げられるのか、以下で紹介します。

▼医薬品業界

まずはMR(Medical Representative)と呼ばれる、医薬品業界の営業。製薬会社などに所属し、医師や薬剤師へ自社製品の有用性・安全性・副作用情報・効能といった情報を提供する仕事です。MRは、間接的ではありますが人命に関わる仕事のため、深い専門知識が不可欠。また医療従事者とやり取りすることが多いため、医療の専門用語を用いた高度なコミュニケーションが求められます。その結果、営業経験者や医療業界経験者が優遇されやすくなっています。

▼コンサルティング業界

コンサルティング業界における営業(コンサルタント)の役割は、経営戦略やIT、財務など、経営上の課題を解決すること。その企業の問題点や解決策を考えて提案・指導する必要があり、通常の営業よりも難易度が高めです。そのため営業経験者が優遇される傾向があります。

▼海外営業

特定の業界ではありませんが、海外企業を相手にする営業も経験者が優遇されやすいでしょう。海外営業の場合、既存顧客への提案だけでなく、新規販路の開拓や高度な交渉まで任されるケースが多め。また、人気職種であるため、即戦力が採用されやすい傾向もあります。

未経験者におすすめの業界はこちらの記事でもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

第4章「未経験者におすすめの転職エージェント」

未経験からの転職なら、サポートの手厚さが圧倒的な「hape Agent」がおすすめ。

営業未経験での転職は、やはり大きな不安が伴うものですよね。転職活動を進めるごとに「どんな業界が自分に合っているのか?」「どんな対策をすればよいのか?」と次々に疑問が湧いてくる方も多いのではないかと思います。

そこでおすすめしたいのが営業職に特化した転職エージェント「hape Agent」。手厚いサポートに定評があるため、未経験の方にぴったりです。例えば、一般的なエージェントだと10分程度で終わってしまう初回ヒアリングも、hape Agentではじっくり60分ほどかけて、あなたのことを理解します。転職動機や経歴、将来像などを根掘り葉掘りお聞きし、相談に乗ります。

▼「hape Agent」の詳しい特徴については、こちらをチェックしてみてください。

まとめ

営業職は未経験からでもチャレンジしやすい職種ですが、最低限のコミュニケーション能力やPCスキルが求められたり、業界によっては転職が難しい場合があったりします。

スムーズに転職を成功させたい方は、営業職の転職に精通したプロのキャリアコンサルタントに頼るのが最適。選考を突破するコツや相場観を踏まえてしっかり対策ができるため、内定も獲得しやすくなります。

営業職特化のエージェント「hape Agent」を利用することで、未経験でも理想の将来が手に入りやすくなりますよ。興味のある方は、ぜひ初回面談だけでも申し込んでみてください。

この記事の監修者

株式会社マシカク/コピーライター 白井秀幸

人材業界ではリクルートとエン・ジャパンを合わせると約20年経験。コピーライター/ディレクターとして、業界・職種を問わず2000社以上の採用広告制作に携わる。採用HPやムービー、スローガンなど、採用ブランディング構築の観点で企業と向き合い、様々な課題解決を行なってきた。

営業職特化だから選ばれる
<営業転職エージェント>

無料で営業職キャリアの相談から
始められます!

hape Agentに登録する