営業職特化型
人材紹介エイプエージェント

採用担当者の方はこちら

hape Agent[ 登録フォーム ]

Success manual転職成功ガイド

職務経歴書

●年●月●日 現在
氏名 ●● ●●

職務概要

大学卒業後、株式会社〇〇〇へ入社をし、〇〇支店に配属。〇月から〇〇月末迄浄化センター建設工事の現場監督を経験したのち、〇〇月から〇月末までは〇〇支店の総務部に配属。総務部では、社員寮の管理業務と〇〇〇〇年〇月入社予定の支店採用の担当として、主に新卒採用を行う。インターンシップの運営や大学での会社説明会に参加することによって、約〇〇名の選考応募をしてもらい、その中から〇〇名を最終面接まで進んでもらう事ができ、最終的には〇名が内定。内定決定後も定期的に弊社社員との懇親会を行う事によって、〇〇〇〇年〇月に〇名の入社を迎えることが出来た。

〇〇〇〇年〇月からは営業部に配属をされ、民間企業を対象とした建築工事営業を担当。配属初年度は主に新規顧客開拓を中心に行い、目標であった〇〇社の新規顧客獲得に対し、〇〇社の新規顧客を獲得。細かな修繕工事の実施や、検討していた移転建替、新築工事などの計画をヒアリングし、〇〇件の案件化に成功。〇〇〇〇年度には〇億〇,〇〇〇万円の工事を受注し、部署目標に貢献。工事も無事故無災害で終えることが出来、工事発注者からも営業担当としての対応を評価され、〇年後の新規工事(約〇〇億円)を依頼された。

職務経歴

■〇〇〇〇年〇月~現在 株式会社〇〇〇(正社員)

◇事業内容:建設工事の請負、企画、設計、監理及びコンサルティング業務、不動産の売買、仲介、賃貸、管理及びこれらの代理もしくは

仲介に関する業務並びに不動産の鑑定評価等

◇資本金:〇〇〇億円 従業員数:〇,〇〇〇名 設立:〇〇〇〇年〇〇月

期間 職務内容
〇〇〇〇年〇月

〇〇〇〇年〇〇月

研修期間

社内制度である現場研修により、半年間現場監督を経験。浄化センター増築工事の現場に配属され、工期の遵守、安全の管理に努めた。

〇〇〇〇年〇〇月

〇〇〇〇年〇月

総務部 配属

〇〇〇〇年〇月入社の新卒採用業務を主に担当。

 

【業務内容】

・新卒採用業務(一次面接官)

・インターンシップの運営

・大学での会社説明会の講演

・内定者フォロー

 

実績

・〇〇〇〇年入社:目標達成率〇〇〇% ※内定承諾者〇名

〇〇〇〇年〇月

現在

営業部 配属

民間企業に対して施設の建て替え、移転新築計画などのヒアリングから、土地の紹介、施行計画、工事着工、竣工引渡し後のアフターフォローまでを一貫して担当。

 

【営業スタイル】新規営業〇〇% 既存営業〇〇% ※新規営業手法:飛込営業

【取引顧客】工場、病院、学校法人等

【取引商材】修繕工事、移転建替、新築工事等

 

◆営業実績

・〇〇〇〇年度新規開拓実績:〇〇社、達成率〇〇〇% ※案件化:〇〇件

・〇〇〇〇年度受注金額:〇億円、達成率〇〇〇%

・〇〇〇〇年度受注金額:〇億〇,〇〇〇万円 ※〇〇年〇〇月時点

※着地〇億〇,〇〇〇万円見込み

資格

・普通自動車第〇種免許(〇〇〇〇年〇月取得)

・VEリーダー資格(〇〇〇〇年〇〇月取得)

PCスキル

・ワード、エクセル、パワーポイント

自己PR

営業部に配属された当初、〇〇〇〇年度の案件数は〇〇件と充実しておりましたが、〇〇〇〇年度の案件数が〇件、〇〇〇〇年度の案件数が〇件と、各年度の案件数が少なくなっていることが配属された部署での課題でした。
課題の原因としては、何度も仕事を貰っているお得意様や、昔から関係の深いお客様への営業に偏ってしまっていたことが大きな理由でした。
上記の状況を変えるため、新規顧客開拓を行い、案件数の増加を狙いました。

その中で、資金力が充実しており建替計画がありそうなポテンシャルを持った顧客だけに効率よく営業を行うために、以下の行動を具体的に実施いたしました。

 

(1)弊社が工事出来る規模(請負金額〇〇億円以上)を発注頂ける会社を選定するため、過去に受注した工事の発注者の傾向を分析。
過去〇年以内で売上高〇〇億以上、資本金〇〇億円以上の会社が請負金額〇〇億円以上の工事を発注している傾向が強い。上記を踏まえ、企業名鑑や帝国データバンク等の情報媒体を駆使し、訪問企業を抽出。

 

(2)訪問する顧客のポテンシャルを見極めるために最低限必要なヒアリング事項を選定。
(例)
・直近の経営状況の確認。
・建替、移転等の検討はしているか。
・建替を検討している場合:現在どこまで検討が進んでいるか、施工会社は決まっているか。
・移転を検討している場合:移転希望エリア・土地の規模をヒアリング。していない場合はその理由(資金不足か、移転地が見つからない等)
・保有しているCREについて(遊休地はあるか等)

 

(3)ヒアリング後に社内で展開し、建替計画があれば定期的な訪問を行い、弊社の認知度UPと関係構築を図る事からスタート。
移転計画であれば、土地情報を持ち込み、建築条件を付ける事によって弊社に工事発注いただく。といったスキームを作成。CREについて遊休地があればこちらから有効活用提案を行う。

 

上記を繰り返し行った事によって、担当顧客数の増加はもとより〇〇〇〇年度の案件数(〇件→〇件)、〇〇〇〇年度の案件数(〇件→〇〇件)を増加させることに成功しております。

 

今まで成果を残すために人一倍努力をしてまいりました。

貴社におきましてもいち早く成果を残すために努力いたします。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

この職務経歴書の
テンプレートをダウンロードする

一つ前のページに戻る