営業職特化型
人材紹介エイプエージェント

採用担当者の方はこちら

hape Agent[ 登録フォーム ]

“必ず土日休み”の営業職に転職するには?ライフワークバランスを整えたい方向けの転職術。

今転職先をお探しの方の中には、「土日休みの生活にしたいから」「友人や家族と休みを合わせたくて」といった理由から営業職を志望されている方も多いかと思います。確かに営業職は土日休みであることが多いですが、そうでない企業も少なからず存在するもの。「土日は必ず休みだと思って入社したら、実際は土曜出勤が多い企業だった」といったトラブルもよく発生しています。そこで本記事では、“確実に土日休みの営業職”へ転職するためのポイントを詳しく解説していきます。

第1章 土日休みである確率が高い業種

BtoBのビジネスを行う業界・企業は、土日休みであることが多い。

まずは、土日休みであることが多い業界をご紹介します。前提として、BtoB企業(法人企業に対して商品・サービスを提供している企業)は土日休みであることが多め。逆に個人を相手にするBtoC企業は平日休みであることが多いです。転職先を探す際はぜひ参考にしてみてくださいね。

・IT / Web業界

IT / Web業界は、自社のITサービスや商材を法人企業に対して提供することで売上を得る、BtoBのビジネスモデルです。そのため営業職も土日休みであることが多め。一概には言えませんが、業務効率化や社員の働きやすさのためにリモートワークを推奨している企業も多いでしょう。ただし、急なシステムトラブルが発生した際などは休日出勤となる場合もあります。

・金融業界

銀行、証券会社、生命保険・損害保険会社といった金融業界も、基本的には土日休み。ATMは土日も稼働していますが、窓口は土日は休みであることが多いですよね。また金融業界の営業は法人を相手にする場合が多いため、やはり土日休みとなりやすいです。

・商社

商社もIT / Web企業と同様、取引相手は法人企業。そのため営業職も土日休みであることが多いです。ただし商社の営業は海外とやり取りすることも多く、外国との時差や文化の違いによって土日出勤が発生してしまう場合があります。とはいえ、近年は働き方改革が進んでいるため基本的には土日休みとなるでしょう。

ちなみに、平日休みになりやすい業界は…

上記でお伝えしてきたとおり、土日休みである確率が高いのはBtoB企業。となると、逆にBtoCのビジネスを行う業界は、土日は出勤となることが多いです。

たとえば個人に対して土地や物件を提案する不動産営業は、火・水休みとなることが多め。個人に自動車を提案するカーディーラーや、旅行商品を提案する旅行代理店の営業なども同様に平日休みとなることが多いです。また先ほど「金融業界は土日休みが多い」とご紹介しましたが、個人に対して保険商品やローンを提案する保険営業・銀行営業は例外。こちらはBtoCの仕事であるため、平日休みとなる傾向があります。

第2章 土日休みの営業職を探す際の注意点

「土日休み」の定義や、休日出勤の有無をしっかり把握しておこう。

土日休みが多い業界に絞っていても、求人内容をよく確認していても、転職後に「想定していた働き方と違った」と発覚してしまうことがあります。そんな事態を防ぐには、どのような対策を行えばよいのでしょうか?以下で解説いたします。

・「土日休み」にも色々な種類があることを知っておく

「土日休み」と書いている営業職求人でも、実際は毎週土日に休めない場合があります。毎週必ず土日休みとなる企業を選びたい場合は、休日の曜日だけでなく「完全週休2日制」かどうかをチェックしましょう。

もし「週休2日制」としか書かれていなかったら、それは「週2日の休みが月1回以上ある」、つまり月1〜数回は土日どちらかの出勤が発生するという意味です。また「完全週休2日制の土日休みだが、祝日は休みにならない」という企業もあります。休日休暇欄に「祝日休み」と書かれているかどうかも、あわせて確認してみてください。

・休日出勤が多い企業に注意

提示している就業規則と実態が乖離している企業があることも、予め理解しておきましょう。たとえば先ほど挙げた商社には「海外のやり取りが多いために休日出勤が発生しやすい」という営業もいます。また個人向けのイベントを多く行っている企業や、小売店との取引が多い企業なども、土日出勤を求められやすいかもしれません。求人を見る際は休日休暇の欄だけでなく、主要取引先や仕事内容も確認しておきましょう。

・「土日休み=ホワイト企業」とは言い切れない

ここまで土日休みの業界や企業についてお伝えしてきましたが、そもそも「土日休み=働きやすいホワイト企業」というわけではありません。前述のとおり休日出勤が発生しやすい企業や、クライアントの都合上土日に電話がかかってきやすい企業もあります。本当に働きやすいかどうかを知りたい場合は、クチコミサイトやSNSで情報収集してみるとよいでしょう。

第3章 確実に土日休みの企業へ転職したい方へ

各企業を熟知している転職エージェント「hape Agent」がおすすめ!

転職活動において、なかなか表に出てこない企業の働き方の実態まで把握するのは至難の業。「確実に毎週土日に休める企業」へ転職したいとお考えの方は、ぜひ営業職特化の転職エージェント「hape Agent」をご利用ください。

hape Agentでは、あらゆる業界の営業職求人を常時8000件以上ご紹介可能。もちろん「完全土日祝休み」「残業少なめ」「リモートワークが可能」など、働きやすい企業の求人も多く取り揃えています。さらに営業職に特化して企業と深い関係性を築いているため、企業に関する豊富な情報が提供できるという利点もあります。

まずはカウンセリングだけの利用も可能ですので、気になる方は気軽に無料登録してみてください!

まとめ

今回は、“確実に土日休みの営業職”へ転職するためのポイントを解説しました。土日休みであることが多い業界・そうでない業界はある程度分かれているものの、やはり例外はあるものです。「希望条件に合う企業をちゃんと探せるか不安」「必ず土日休みの企業に転職したい」とお考えの方は、ぜひhape Agentを頼ってみてください。転職のプロであるコンサルタントが、企業選びから内定獲得まで的確にサポートいたします。

この記事の監修者

株式会社マシカク/コピーライター 白井秀幸

人材業界ではリクルートとエン・ジャパンを合わせると約20年経験。コピーライター/ディレクターとして、業界・職種を問わず2000社以上の採用広告制作に携わる。採用HPやムービー、スローガンなど、採用ブランディング構築の観点で企業と向き合い、様々な課題解決を行なってきた。

営業職特化だから選ばれる
<営業転職エージェント>

無料で営業職キャリアの相談から
始められます!

hape Agentに登録する